【よくある質問】CAMのシミュレーションとなにが違うの?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にVirtual NCサポート公式により3ヶ月、 1週前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #237
    Virtual NCサポート公式

    CAMソフト・・・CLデータというCAMソフトの内部で持っている工具パスデータを走らせるシミュレーションが一般的。

    Virtual NC・・・NCプログラムを読み込んで走らせるシミュレーション。

    CAMソフトの段階ではNCプログラム、いわゆるGコードにはなっていません。 CAM上で工具パスを作成したら、ポスト処理という機能で、加工機の機種に応じたGコードを記述したNCプログラムを出力し、実際の加工機に転送して加工を行います。

    Virtual NCは、このNCプログラムを読み込んで走らせるシミュレータです。CAMのポスト処理が加工機の特性を十分にカバーできていれば、出力されたNCプログラムをノーチェックで直接加工機で走らせることができますが、ノーチェックでは不安がある場合は、加工機で走らせる前にVirtual NCのバーチャル加工機でNCプログラムを走らせて、動作を確認し、削り込み/削り残し、工具衝突のチェックを行っておくと安心です。
    また、CAMから出力されたNCプログラムを手入力で一部編集して加工するケースでは、ポカミスが心配ですが、Virtual NCでチェックしておくと安心です。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
タイトルとURLをコピーしました